租税 特別 措置 法。 租税特別措置法施行規則

租税特別措置法施行規則

法 租税 特別 措置 法 租税 特別 措置

以下この項において同じ。 第九節 中小企業者等である連結法人の法人税率の特例(第六十八条の八)• 第二款の二 特定の長期所有土地等の連結所得の特別控除(第六十八条の七十六の二)• 33-44の2• 34の2-18 削除• イ 新築等又は増改築等をした家屋の登記事項証明書は、当該家屋が当該信託財産に属するものであることが記載されたものとする。

13

第41条((住宅借入金等を有する場合の所得税額の特別控除))関係|国税庁

法 租税 特別 措置 法 租税 特別 措置

)以後10年以内(居住年が平成11年若しくは平成12年である場合、居住日が平成13年1月1日から同年6月30日までの期間内である場合又は居住年が平成19年若しくは平成20年で措置法第41条第6項の規定を適用する場合には15年以内とし、居住日が令和元年10月1日から令和2年12月31日までの期間内で同条第13項又は第16項の規定を適用する場合には13年以内とする。

3

租税特別措置法84条の2の3第1項

法 租税 特別 措置 法 租税 特別 措置

(1) その者が、転勤、転地療養その他のやむを得ない事情により、配偶者、扶養親族その他その者と生計を一にする親族と日常の起居を共にしないこととなった場合において、その家屋をこれらの親族が引き続きその居住の用に供しており、当該やむを得ない事情が解消した後はその者が共にその家屋に居住することとなると認められるときは、その者がその家屋を引き続き居住の用に供しているものとする。 2 農地中間管理機構が農用地等を取得した場合の所有権の移転登記に対する税率の軽減()• (2) その家屋を居住の用に供した日(以下この項において「居住日」という。 41の5-18 措置法第41条の5の2《特定居住用財産の譲渡損失の損益通算及び繰越控除》関係• この場合において、当該被相続人の居住の用に供されていた家屋が複数の建築物から成る場合であっても、措置法令第23条第8項の規定により、それらの建築物のうち、当該被相続人が主としてその居住の用に供していたと認められる一の建築物のみが被相続人居住用家屋に該当し、当該一の建築物以外の建築物は、被相続人居住用家屋には該当しないことに留意する。

18

租税特別措置法の全文・条文

法 租税 特別 措置 法 租税 特別 措置

)を提出したときは、その公債の利子の各計算期間ごとにその計算期間を通じて(その公債が当該計算期間の中途において購入したものである場合には、その購入の日の属する計算期間については、同日から当該計算期間の終了の日までの期間を通じて)次に掲げる要件を満たす場合に限り、当該計算期間に対応する利子については、所得税を課さない。

2

税務上の中小企業、「中小法人」と「中小企業者」の違い

法 租税 特別 措置 法 租税 特別 措置

41の5の2-2• 35の3-2• 特定事業継続力強化設備等の特別償却(租税特別措置法44条の2)など 「中小法人」と「中小企業者」の相違 参考までに、簡単な設例により「中小法人」と「中小企業者」の相違を図解で示すと以下の通りになります。

13

措置法第35条《居住用財産の譲渡所得の特別控除》関係|国税庁

法 租税 特別 措置 法 租税 特別 措置

欠損金の繰越控除制度の特例 青色申告書を提出する法人についての繰越欠損金の控除限度額が、所得の全額となります。

2

租税特別措置法/附則

法 租税 特別 措置 法 租税 特別 措置

)をいう。

3

京都市:登録免許税の軽減を受けるための住宅用家屋証明について

法 租税 特別 措置 法 租税 特別 措置

37-11の11• (2) 当該居住用家屋又は当該認定住宅が居住の用に供されているかどうかは、当該受益者の有する権利に応じてこれらの家屋を有しているものとされる受益者について判定することに留意する。 )とから成る被相続人居住用家屋(措置法第35条第4項に規定する被相続人居住用家屋をいう。

12