ビプレッソ 添付 文書。 医療用医薬品 : ビプレッソ (ビプレッソ徐放錠50mg 他)

ビプレッソ徐放錠50mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

添付 文書 ビプレッソ 添付 文書 ビプレッソ

ドーパミン受容体に「フタ」をしてしまう事で、ドーパミンがドーパミン受容体にくっつけなくするようなイメージです。

18

製品情報詳細|ビプレッソ徐放錠150mg

添付 文書 ビプレッソ 添付 文書 ビプレッソ

ビプレッソとセロクエル 「 ビプレッソ徐放錠」という新薬が承認された。 4参照〕。 7.2参照〕[本剤の作用を増強するおそれがあるので、個々の患者の症状及び忍容性に注意し、本剤を減量するなどして慎重に投与すること;併用により本剤の血漿中濃度が高値となりQT間隔が延長するおそれがある(本剤の主要代謝酵素であるCYP3A4を強く阻害するため、血漿中濃度が上昇する可能性がある)]。

5

ビプレッソ徐放錠150mgの添付文書

添付 文書 ビプレッソ 添付 文書 ビプレッソ

横紋筋融解症 頻度不明 :筋肉痛、脱力感、CK上昇、血中ミオグロビン上昇及び尿中ミオグロビン上昇等が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。 面白い事にビプレッソは「セロクエル(一般名:クエチアピンフマル酸塩)」という統合失調症の治療薬と同じ成分から出来ています セロクエルとの違いはビプレッソは徐放製剤であるという点です。 臨床検査結果に及ぼす影響• 1参照〕。

1

製品情報詳細|ビプレッソ徐放錠150mg

添付 文書 ビプレッソ 添付 文書 ビプレッソ

消化器: 0. 過敏症: 0. 1. 昏睡状態の患者[昏睡状態を悪化させるおそれがある]。 失神、意識消失:失神、意識消失を起こすことがあり、血圧低下を伴う症例も報告されている。 1.2. 低血糖(頻度不明):脱力感、倦怠感、冷汗、振戦、傾眠、意識障害等の低血糖症状が認められた場合には、投与を中止し適切な処置を行うこと〔8. 過量投与• 3. 本剤の投与に際し、あらかじめ著しい血糖値の上昇から、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡及び低血糖の副作用が発現する場合があることを、患者及びその家族に十分に説明し、高血糖症状(口渇、多飲、多尿、頻尿等)、低血糖症状(脱力感、倦怠感、冷汗、振戦、傾眠、意識障害等)に注意し、このような症状があらわれた場合には、直ちに投与を中断し、医師の診察を受けるよう、指導すること〔1. 食後服用で、Cmaxが2倍近くに上がってしまう。

10

ファーミック / 添付文書改訂情報

添付 文書 ビプレッソ 添付 文書 ビプレッソ

9. 本剤の投与により体重増加を来すことがあるので、肥満に注意し、肥満の徴候があらわれた場合は、食事療法、運動療法等の適切な処置を行うこと。 投与終了後も数回排便が生じることがある。

8

【Q】ビプレッソ徐放錠とセロクエル (クエチアピン) との違いは?

添付 文書 ビプレッソ 添付 文書 ビプレッソ

また、症状の悪化が認められた場合には、他の治療法に切り替えるなど適切な処置を行うこと。 またビプレッソはセロトニン1A受容体を部分作動させるはたらきがあり、これは主に抗うつ作用、抗不安作用をもたらします。

2

ビプレッソ徐放錠50mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

添付 文書 ビプレッソ 添付 文書 ビプレッソ

眠気や鎮静を起こしたくない方(日中仕事をしている方など) は使用する際は慎重に判断しなければいけません。

17