両 儀式。 【FGO】両儀式(セイバー)の評価|宝具とスキル性能

【FGO】両儀式(セイバー)の評価|宝具とスキル性能

儀式 両 儀式 両

藤乃の異能を知っていたらしく、事件を知ると蒼崎橙子に藤乃を止めるよう依頼し、最悪の場合は殺害も黙認するという態度を示した。

【FGO】両儀式(セイバー)の評価|宝具とスキル性能

儀式 両 儀式 両

基本的にはメインキャラクターとして数えられないが、本作タイトルである『空の境界』に対して「一人の魔術師が"無"に挑もうとした物語ともいえる」と述べられる ほど重要人物であり、HP上で『空の境界式』が『第五章』をもって一応の幕を閉じたのも、「大タイトルである空の境界は、荒耶宗蓮という人物の物語でもある。

16

【FGO】両儀式(セイバー)の評価|宝具とスキル性能

儀式 両 儀式 両

周回では単体ボスを任せよう NPチャージと高火力単体宝具持ちなので2〜3waveの単体ボスや1waveのみの撃退戦向き。 生徒会に所属していたが、やりたいことが見つかったという理由で高校中退する。

【FGO】両儀式(アサシン)の評価|宝具とスキル性能

儀式 両 儀式 両

結果として、他者の痛みに共感する形でしか生への実感を得られなかったことで、感覚を取り戻した後は残虐に相手を殺して喜び・快楽を得るという暴走を招く。

両儀式〔セイバー〕

儀式 両 儀式 両

十年後では、父親が用意した結婚相手と結婚して社長夫人をやっているらしい。 なお、その際2人が待ち合わせた場所は幹也がかつて通っていた大学の食堂であったため、幹也と同じ大学に入学したようである。 犯人の名前は浅上藤乃。

15

空の境界

儀式 両 儀式 両

スキル2もLv6のCT短縮の恩恵が大きい。 においてラストアークとして実装された技。